インドネシアほかASEANで、低コストで単一の倉庫業務を効率化し、在庫管理を一元化できるEC支援プラットフォーム「ECウェアハウス」開始

Posted On : 15/10/2020 | Writted By : Author


インドネシアほかASEANで、低コストで単一の倉庫業務を効率化し、在庫管理を一元化できるEC支援プラットフォーム「ECウェアハウス」開始

Source: https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2020-10-15-36705-58/

単一の倉庫への商品仕分けからお客様への発送までに必要な管理作業を見える化し、すべての在庫をリアルタイムで一元管理。イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社EASG


“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹、以下イー・エージェンシー)は、シンガポールの現地日系グループ会社であるEASG PTE. LTD(CEO:佐藤 伸己、以下EASG)が、2020年10月15日、インドネシアほかASEANで、低コストで単一の倉庫業務を効率化し、在庫管理を一元化できるEC支援プラットフォーム「ECウェアハウス」を開始したことを発表いたします。

インドネシアをはじめASEANでも、ECのフルフィルメントでは、同日発送や同梱発送をする場合が多いなど、ECならではの迅速かつシンプルな対応が求められます。販売チャネルが複数のEC店舗や実店舗にまたがると在庫管理はより複雑化するため、倉庫業務と在庫管理の効率化が必要となります。

「ECウェアハウス」は、単一の倉庫への商品仕分けからお客様への発送までに必要な管理作業を見える化し、すべての販売チャネルの在庫をリアルタイムで一元管理することができます。受注情報と顧客情報を一元化することで需要に応じた供給を効率化して在庫切れを防ぎ、先入れ先出し方式で製品の損傷や劣化を防止して在庫を最適化します。

■インドネシアほかASEANでEC支援



Back